火, 13 8月 2019 18:11

オーストラリアの食品は、原産国のラベルで新しい外観を受け取ります

Written by
Rate this item
(0 votes)
オーストラリアの食品は、原産国のラベルで新しい外観を受け取ります

オーストラリアの食品は、包装に新しい原産国ラベルが付いていません。

オーストラリアで販売されている食品の標準化と認証を目指して、政府はオーストラリア競争消費者委員会(ACCC)とともに、原産国表示システムを含む新しい情報標準を導入しています。 CoOL)Information Standard2016。このラベルは、原料および/または製品自体の製造場所を説明しています。

ラベルは、棒グラフ、説明テキスト、およびカンガルーの有無にかかわらず構成されます。

新しいラベルは、輸入品を含む、オーストラリアでの人間の消費および小売販売を目的としたすべての食品に必要です。主に、肉、魚介類、果物と野菜、乳製品、シリアル、パン、ナッツ、蜂蜜、非炭酸フルーツジュースなどの優先食品を対象とし、調味料、菓子、ビスケット、スナック食品などの非優先食品の場合はオプションです、ボトル入り飲料水、ソーダとスポーツ飲料、紅茶とコーヒー、アルコール飲料。

さらに、生産要件に応じて分類することもできます。「成長」-成分はオーストラリアで栽培されています。 「生産先」-オーストラリアで製造された製品。 「Made in」-主要な処理または最後の実質的な変換がオーストラリアで発生しました。一方、「オーストラリアで梱包」は国内で梱包された製品に使用されますが、オーストラリアで栽培、生産、または製造されると主張する要件を満たしていません。

この新しい国基準により、オーストラリア人は地元の農家や食料生産者に支援を提供することができます。これは、地元で栽培、生産、製造されている製品を見つけやすくするためです。輸出された食品は、包装にこのラベルを付ける必要がありますが、そうする人は、消費者に製品についての保証を与えるでしょう。したがって、この規格は、サプライヤーが食品の出所に関する誤解を招く情報を提供することを制限することにより、消費者により安全性を提供します。

企業が新しい基準に準拠していることを確認するために、ACCCは約10,000の食品について市場監視チェックを実施しています。

Read 130 times Last modified on 月, 19 8月 2019 10:11